フロアコーティングは愛犬のためにするべき

フローリングのフロアコーティングは、新築の入居前にやるものと思われてる方が多いです。
中古住宅を購入した時や、何年も住んでる自宅の場合、もう床には汚れや小さな傷がたくさんあるので、フロアコーティングを考える方が少なくなります。

 

イメージ的に、フロアコーティングをするタイミングは、床がキレイな状態ですると思われる方もいますが、そんなことはありません。
フローリングのフロアコーティングは、新築の時だけと思ってる方もいますが、何年も住んだ後でも大丈夫です。
コーティングをすることは、傷や汚れから床を守り、耐久性を高めてくれますので、やる価値はあります。

 

中古住宅でフロアコーティングの注意点

中古物件や長い間住んでる住宅の場合だと、フロアコーティングの業者が施工できないと断る場合があります。

 

その理由は、フローリングの状態や、どれくらいのワックスが使われてきたのか、コーティング以外の作業があり、スムーズに施工が出来るかどうか状況によって変わるからです。
ワックスなどをはがす作業が増えたりするので、コーティング以外の作業が多くなることがあります。

 

事前に中古住宅であることを伝えておこう

業者に見積りを取る時や、業者に相談する時は、自宅の状況を伝えることが大切です。
新築じゃないと施工しない業者もいるからです。

 

それは、コーティングする前の仕事が多くなるためです。
いままで使い重ねられたワックスを剥がす工程がありますし、床の傷を直したりししてからコーティングの作業になるからです。

 

中古物件のフローリングがフロアコーティングで生まれ変わる

自宅のフローリングをフロアコーティングをすることで、見違えるようにキレイになりますよ。
床に光沢が出て綺麗になるだけでなく、掃除が簡単になり水やジュースをこぼしても拭くだけでOKです。

 

フロアコーティングをするならできれば入居前にしよう

中古住宅のフロアコーティングする時は、住む前にコーティングをしてもらいましょう。

 

新築住宅じゃないと、施工を受け付けない業者もあります。
まずは業者に連絡・相談をするのがいいですね。

 

依頼する業者が決まっているなら、相談されてみるといいですね。
まだ業者が決まっていないなら、複数の業者から一括見積りを取ってみてはいかがでしょう。

 

フロアコーティング一括見積り

 

フロアコーティング 無料一括見積り